競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

アインブライド 古川吉弘

f:id:keibahakubutsukan:20200602051447j:plain
凄くいい顔してる、好きなデザイン。
阪神3歳牝馬ステークスを勝ったアインブライド
騎手は古川吉洋騎手。
97年ってことは23年前。
古川くんは福永祐一和田竜二細江純子と同期です。
G1勝つような馬に乗せてあげて欲しいな。
いい騎乗してると思うんだけどな。

f:id:keibahakubutsukan:20200602051508j:plain

競馬トレーディングカード まねき馬倶楽部の楽しみ方

まねき馬のトレカ。
段ボール箱に詰め、押し入れの奥にしまいこんだりしていませんか?
はい!私そうしています。

緊急事態宣言中は外出を出来るだけ控え押し入れの中を整理しました。
まねき馬のレギュラーカードがたくさん出てきましたよ。
そこで番号順にバインダーへ収納しました。
f:id:keibahakubutsukan:20200602045320j:plain

裏面に解説も載ってますのでまさに図鑑のようです。
f:id:keibahakubutsukan:20200602045346j:plain

あの日、あのレースが走馬灯のように頭を駆け巡りました。

皆さん、番号順に並べてみましょう。

面白いですよ。

第87回日本ダービーを振り返る

コントレイルの強さだけが光ったレースでした。
お父さんディープインパクトとはまた違うタイプのようなそんなレース内容でした。
後方から競馬をするのかなとか色々考えていましたが好位置からの正攻法の競馬。
ライバル達を力でねじ伏せたというような印象。
おそらく三冠取るのではないでしょうか。
菊花賞も本命にしたいな。

スペシャルウィークが絶望ウィークになった忘れられない日本ダービー

f:id:keibahakubutsukan:20200527024727j:plain
武豊ダービージョッキーになった。
しかし、おめでとう!と言えなかった。
ただひたすら右拳を握りしめ肩を震わせ奥歯を噛み締めた。
顔は真っ赤だったと思う。
脇の下はよっちゃんいかのような酸っぱい匂いがするほど汗ばんでたと思う。

本命スペシャルウィーク
相手は、ほぼ総流し。
しかし、2着のボールドエンペラー抜け。
万馬券。。。

武豊の兄弟子の河内洋の意地だったのかな。

その日の夜はなかなか寝つけず布団の中で「バカヤロー」と叫んだ。

ダービーはベテラン騎手を買え。

馬券的中の近道かもしれません。

2020 日本ダービースペシャル

今週は勝手に日本ダービースペシャル。
競馬関係者のボルテージもマックスだと思います。
勝手に競馬関係者としては再び府中本町駅のまわりを紹介したいと思います。

f:id:keibahakubutsukan:20200527190124j:plain
本日晴天なり。
そよ風が気持ちいいです。

f:id:keibahakubutsukan:20200527190235j:plain
誰もいない静寂の中、目をつぶり数々のダービーを思い返しました。

「ブビィ」

通りすがりのオッサンの屁。

f:id:keibahakubutsukan:20200527190515j:plain
いつの日か通常開催されるようになったら千鳥で飲みたいな。
わいわい飲み食べしてるのが遠い昔のように感じてしまいますね。

f:id:keibahakubutsukan:20200527190750j:plain
府中本町駅からフジビュースタンドまでの高架が工事中です。
鹿島建設もコロナの影響をモロに受けてしまいましたね。
工事再開はいつになるのやら。

f:id:keibahakubutsukan:20200527191228j:plain
府中本町駅です。
東京競馬場の反対側です。

f:id:keibahakubutsukan:20200527191405j:plain
とにかく寂れた商店街。
珈琲専科トップのおばちゃんは元気にしてるんでしょうか。
その昔、競馬開催日によく利用していました。
向かいの中華屋さんもよく利用していました。

f:id:keibahakubutsukan:20200527191655j:plain
ラーメン太一
昭和50年頃の1月にうちのオヤジがラーメン食べた店。
テレビでは京都競馬のあのレースが流れていたそうです。
雪降る京都の馬場を逞しく走る1頭。
テンポイントです。
このレース中に故障を発生し、その後社会問題にもなった競馬ファンとしては忘れてはいけないレース。
競馬テンポイントについてはまた別の機会に記事にしますね。
毎年ダービーウィークはここら辺を散歩してるんだけど胸がきゅんとしてたまりません。