競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

海外競馬に挑戦した名馬ハクチカラ

半世紀も前に日本馬初の海外レースを制した馬がいる

1956年のダービー馬 ハクチカラ

 

当時のダービー1着賞金は200万円

この馬の価格300万円

当時としては、とてつもない高い馬であった

 

ダービーを勝った後に、日本で22戦して13勝もした馬は

後にも先にも、ハクチカラだけだ

 

その後、アメリカに遠征し17戦1勝

59年2月、今でいうG1級の重賞ワシントンバースデーH(芝12ハロン)に出走

1番人気が世界の賞金王ラウンドテーブル(ハンデ60.8キロ)

対するハクチカラは15番人気(49.4キロ)

 

レースは先行したハクチカラ日本ダービーと同じ、重馬場を味方に先行押切を決めた

対するラウンドテーブルは、レース中に脚部を痛めしんがり負け

 

海外遠征は、半世紀前から始っていたのだ

敵地で17戦も走って、日本馬初の1勝を上げた馬だから

忘れてはいけない名馬なのだ

 

海外成績 17戦1勝