競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

競馬で起きた自己破壊学

今年も桜花賞が終わった。

しかし、このレース相性が悪過ぎる。

当たった記憶が全くない。

4月って時期がどうも脳を鈍くしているように思う。

以前、一緒に働いてた彼が数年前の桜花賞で大儲けした。

キョウエイマーチ単勝を何百万買っていたらしいのだ。

しかし、その日を境に会社で会うことがなくなった。

オークスの日、久しぶりに競馬場で会った。

ぼさぼさでフケだらけの頭が、ぴっちり横分けになっていた。

視力がいいはずなのに色眼鏡をかけており、おまけに香水のような甘い香りがしていた。

そして、キョウエイマーチ単勝で厚く勝負すると含み笑いで言った。

何十枚もの分厚いマークシートを片手に空いてる券売機へ向かったのだが、

全て買い終わるまでに5、6分はかかった。

いくら買ったのか聞いてみると全財産と青白い顔で小さく言った。

わたしは、キョウエイマーチをベタ褒めしつつも、メジロドーベルを買った。

競馬ファンならわかるであろう。

見事にハズレてしまったのだ。

ぴっちり横分けが、真ん中分けになるほど頭を掻きむしり、

色眼鏡は地面に落ちていた。

震えながら倒れこんだ彼はものを言わなくなってしまった。

それ以来、二度と彼に会うことはなかった。

聞いた話では、300メートル先の庭先に落ちた腕で犬が咥えて遊んでいたとか。

はたまた、駅前のコンビニの入り口に肉片が落ち、

おでんの具が落ちていますよと勘違いした人がいたとかいないとか。

とにかく、会社中大騒ぎになったのだ。

桜花賞よりオークスと相性がいいのは何故だろう・・・