競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

春のG1で記憶に残る馬

今まで、数々のG1を見てきた。

1番記憶に残っているのが安田記念優勝のブラックホークだ。

競馬ファンの多くは実績も力も見込んではいたが、距離が微妙だと軽く見ていた。

安田記念では、全くといっていいほど人気がなかった。

わたしの買った新聞は無印であった。

鞍上の横山典弘も距離を心配していたようで、最後の直線に勝負をかける大胆な乗り方をした。

スタートから4コーナー過ぎまで最後方に位置し、そして直線外からケタ違いの脚で飛んできたのだ。

2着も人気薄で、高配当になった。

ちなみに、この馬のオーナーは、ディープインパクトアパパネ金子真人さんだ。

今年も、あっと驚くレースが起こるかもしれない。