競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

天才漫才師の下積み時代

横山やすしこと、やっさんは最高にいいキャラをしている。

1番好きなエピソードが下積み時代に白タク行為をしていた話だ。
正確に言うと車の代わりに、スクーターに客を乗せて夜な夜な金を稼いでいたのだ。

ある時、泥酔状態の男を乗せて目的地に向けて走っていたのだが、その途中で男を落としてきたことに気付くのである。慌ててUターンをし来た道を戻るも、発見したとき男は頭から血を吹いていたのだ。その後、警察から師匠横山ノックの元へ連絡が入り、事がバレてしまうのである。

お客さんを落としたのに気付かずノリノリで走るやっさん
血まみれのお客さんに「ちゃんとつかまれ、言うたやろ」って言ったやっさん
思い描くだけで笑えてくる。

サンクス、やっさん!