競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

2011 東京ダービー 牝馬クラーベセクレタが優勝 SDN48メンバーが祝福

スポニチアネックス 6月9日(木)7時2分配信

 

 南関クラシック「第57回東京ダービー」が8日、大井ナイターで行われ、単勝1・2倍のクラーベセクレタが圧勝。アポロピンク以来20年ぶり5頭目牝馬制覇、ロジータ以来22年ぶり2頭目牝馬2冠を達成した。川島正師は歴代最多タイのダービー5勝目、戸崎は連覇でやはり最多タイの4勝目。

 

 1万5000観衆が息をのむ。直線残り200メートル余りで抜け出したクラーベに、道中最後方だったヴェガスが迫る。だが、抜かせない。1馬身振り切り、快挙達成だ。5日の安田記念で人気薄リアルインパクトを勝利に導き中央G1初制覇も果たした戸崎は「ホッとしてます。これだけの人気馬、“勝たなければいけない”の気持ちでした。本当に良かった」。今度は圧倒的な支持と大きな歴史を刻む重圧を乗り越えた。

 

 道中5、6番手。3角で同厩ファジュルがすぐ外を猛然と上がって行った。戸崎同様に5月から1カ月余りで南関重賞6勝の川島正師は「普通ならひるむが、やはり力がある。もっと馬の力を信じて先へ行ってもよかったかな。次走への反省点だね」と勝ってカブトの緒を締めた。もちろん次は同じ舞台のG1ジャパンダートダービー(7月13日)で3冠を狙う。

 

 ◆クラーベセクレタ 父ワイルドラッシュ 母シークレットルーム(母の父タイキシャトル)牝3歳 船橋川島正行厩舎所属 馬主・サンデーレーシング 生産者・北海道安平町のノーザンファーム 戦績11戦8勝(南関東5戦5勝)総獲得賞金1億3620万円。

 

sdn.png

 AKB48の姉妹グループ、SDN48の大堀恵(27)、佐藤由加理(22)、チェン・チュー(24)、近藤さや香(27)、手束(てづか)真知子(25)、津田麻莉奈(24)が8日、東京・大井競馬で行われた「東京ダービー」のスペシャルゲストとして来場した。

 

 牝馬として東京ダービーを制したクラーベセクレタを予想イベントで本命に指名した大堀は「クラちゃんが1着になってうれしい」と大喜び。プライベートでも競馬を楽しむ津田は、“2着総流し”の玄人っぽい買い方で3連単を的中させた。

 

それにしても戸崎は今1番乗れてるて、頼りになるジョッキーだ。

早く中央所属になってもらいたいもんだ。