競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

築地市場の馬券師 片目3本指の森林の石松

築地市場が解体され新たな歴史が始まろうとしている。

 

戦後間からここを生活の基盤としていた男。

 

その名を森林の石松と言う。

 

この石松さんは右目が潰れていて右手の薬指と小指がない。聞くと若かれし頃、九州の愚連隊との抗争で負傷したと言っていた。

 

しかし実の所、幼い頃に理科の実験でビーカーが破裂したとか…。

 

おそらく科学者、博士、天才肌なのであろう。

 

競馬の予想も人とは違う視点で組み立てて行った。

 

あの大荒れの日経賞を覚えているだろうか?障害帰りりのテンジンショウグンが大穴を開けたレースだ。

森の石松のような力強さではなく、繊細な清々しい空気でまわりの人間を癒す森林の石松さんは、レース前にこう言った。

 

中山2500Mは先行有利内枠1番!

天に陣取る将軍様で江田が輝き男となる!

 

テンジンショウグン 江田照男

 

なんともシンプルな読みと饒舌な口上。

 

単勝馬券を厚く買っていてその日の夜は大宴会となった。