競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

仁義なき戦い馬券師

仁義なき戦いの広能昌三演じる菅原文太の如く、角刈りを決め込む男性こそ日本映画愛好会のリーダー亀頭太(かめがしら ふとし)である。



f:id:keibahakubutsukan:20190422165925j:image

亀頭さんとの出会いは30年ほど前まで遡る。あれは吉祥寺の映画館だったと記憶している。

「亀が太くて困るもんやない。太くて困るのは一本グソや」

これが彼の口癖でした。

 

あの年のダービーは武豊騎乗のダンスインザダークが一番人気でした。

まだダービーを勝ったことのない武豊騎手が注目されていました。

しかし勝ったのは音速の末脚フサイチコンコルドでした。

藤田伸二の一発です。

破壊力抜群ですね。

 

この時、亀頭氏は南極物語を見ながら嗚咽をこらえていたそうでダービーの結果を知ったのが夜だったそうです。

藤田伸二がスターマンで全盛期のナリタブライアンを負かせた頃からの熱烈ファン。

 

藤田騎手が勝つたびに財布を膨らませ、夜はもちろんアソコを膨らませていたようでしたが、藤田騎手の引退を機に競馬もやめてしまいました。

 

男が男に惚れる。

仁義なきではなく仁義ある馬券師ですね。