競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

常識外れ

どこにでも常識のない人ってのがいるわけですが~
今日は、とてつもない常識外れ人間を紹介したいと思います

東京でめずらしく雪が降った日がありまして
白化粧された街をカメラで撮りに行くことにしました
そこで、ニート15年のキャリアを持つ友人の珍くんを誘うことにしました

「もしもし~珍くん
これから街に写真撮り行くけど、一緒に行かないか?」

「・・・寒いし、人混みが苦手だから行きたくないな・・・」

「こんな雪じゃ街に人なんていないよ!」

「・・・」

「保仔珍地蔵の前に12時ね!」

待ち合わせの時間も場所も決めて、出かける準備をしました
今思えば、なぜ洗面所に立ってしまったのでしょうか・・・
「うっ!」
「なんだか、生えぎわが薄くなってきたな~」
あまりにも気になってしまいパソコンで調べることにしました
は・え・ぎ・わ 「変換」「クリック」
す・と・れ・す 「変換」「クリック」

それから、まもなく生えぎわのことなんてスッカリ忘れて
インターネットオークションで
A・K・B 「変換」「クリック」
く・ろ・ゆ・め 「変換」「クリック」
時間を忘れて、そして珍くんのことも忘れ
深い眠りについてしまいました

目が覚めた時には18時、テレビではニュース番組が流れていました
「東京で大雪のため、ダイヤが大幅に遅れが出ています!」

明日会社に行けるのかな~
心配な気持ちの裏側では
「もっと降ってくれ~
電車が止まって休みになってくれ~」と
思っていました

それから3年後の冬
東京で珍しく雪が降りました
「あっ!珍くん・・・」
雪を見て思い出しました

あれから3年、電話番号も変わってるかもしれないし
引越ししてるかもしれないし
ニート生活に疲れて自らの命を絶っているかもしれない

あふれる涙をぬぐい
電話をかけました

プルプルプル~
プルプルプル~
「・・・」
「珍くん!俺だ~」
「久しぶりだね・・・」

五体満足でニートを続けていて
キャリア18年目に突入したと誇らしげに語っていました

お互い常識外れだねと電話を切りました

外は雪、僕の気持ちは晴れ・・・

日本アカンデー大賞 ノミネート作品 常識外れ