競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

凄いメンツのチャリティー団体

米ロックバンド、リンキン・パークが設立したチャリティー団体「ミュージック・フォー・リリーフ」の呼びかけのもと、B’z、スラッシュ、フーバスタンクエンリケ・イグレシアスエリオット・ヤミンら豪華アーティストが22日、東日本大震災の被災者を救済するチャリティー・プロジェクト「ダウンロード・トゥ・ドネート・フォー・ジャパン(日本に寄付するためにダウンロードしよう)」を立ち上げた。

日本でも人気!「リンキン・パーク」主な活動歴

特設サイト(www.downloadtodonate.org)を通じて10USドル以上寄付すると、参加アーティストの未発表楽曲を集めたコンピレーション・アルバムのダウンロードが可能になる。同プロジェクトの収益金は、国際援助団体(NGO)「セーブ・ザ・チルドレン」へ全額寄付され、子どもたちを中心とする被災者支援にあてられる。

リンキン・パークのボーカリストの一人であり、ミュージック・フォー・リリーフの創設者でもある日系人のマイク・シノダは「日本の人たち、特に子どもたちは、今後何週間、何ヶ月にもわたる支援が必要となる」とコメント。

同プロジェクトに参加したB’z松本孝弘稲葉浩志も「私たちの国は今、かつてないほどの困難に立ち向かっています。私たちの国の美しい家々を再建するためには、どんなことでもやらなければなりません。もしも音楽をプレイすることが苦境に立たされた人々を救えるのなら、それこそが今、我々にできること。そしてそれこそが、今、我々のやらなければならないことです」と力を込めた。

「ミュージック・フォー・リリーフ」は楽曲のダウンロードに加え、マイク・シノダのデザインによるチャリティーTシャツの販売を通じても寄付金を募集中。公式サイト(www.musicforrelief.org)内のオンラインショップで2種類のTシャツが販売されている。

現時点での『ダウンロード・トゥ・ドネート:ツナミ・リリーフ』の参加アーティストと収録曲は以下のとおり。楽曲は今後も追加予定。

1.ザ・レッド・ジャンプスーツ・アパラタス「21 アンド・アップ」
2.エンジェルズ・アンド・エアウェーヴズ「ハルシネーションズ
3.B’z 「ホーム」(英語)
4.フーバスタンク「ランニング・アウェイ」(アコースティック)
5.サラ・バレリス「ソング・フォー・ア・ソルジャー」
6.フライリーフ「ハウ・ヒー・ラヴス」(ライブ)
7.ステインド「ライト・ヒア」(ライブ)
8.スラッシュ・フィーチャリング・マイルス・ケネディ「スターライト」(ライブ)
9.カウンティング・クロウズ「カラーブラインド」(ライブ)
10.プレイン・ホワイト・ティーズ「リズム・オブ・ラヴ」(ライブ)
11.エリオット・ヤミン「セルフ・コントロール
12.ペンデュラム「ウィッチクラフト
13.エンリケ・イグレシアス「アディクティッド」(リミックス)
14.リンキン・パーク「イッショニ」

http://news.livedoor.com/article/detail/5437984/