競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

ダノンシャンティ引退

スポーツ報知 5月19日(木)8時1分配信

 昨春のNHKマイルCをJRAレコードで優勝したダノンシャンティ(牡4歳、栗東・松田国厩舎)が、現役を引退。北海道安平町の社台スタリオンステーション(SS)で、種牡馬入りすることが決まった。18日、松田国調教師が明らかにした。

 同馬は、前走の大阪杯4着後に右前浅屈けん炎を発症し、休養していた。JRA通算8戦3勝。重賞は、他に10年毎日杯を勝っている。同SSでは、厩舎の“先輩”であるクロフネキングカメハメハタニノギムレット種牡馬として大成功を収めており、期待は大きい。今週末にも、北海道へ移動する予定だ。

 松田国調教師「社台SSは、種牡馬としての名門ロード。1分31秒4という時計を持って種牡馬入りします。ダノンシャンティは、理想的な馬体重(前走時480キロ)で、生産者の望む形。スピードがあるという必要条件を備えており、レコードで走れるのが魅力です」

大阪杯で結果が出れば海外のG1へ挑戦すると陣営が言っていたほど能力の高い馬だった。

残念ながら引退してしまうのだが2世に夢を託したい。

それにしてもマツクニ厩舎の馬は故障が多いな。