競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

2011-04-28から1日間の記事一覧

師弟関係解消

栗東・小島貞博厩舎所属の田嶋翔騎手(29)が、5月1日付けでフリーになることとなった。同騎手はJRA通算104勝を挙げ、平地・障害の両レースで活躍中。テイエムチュラサンに騎乗した2005年のアイビスサマーダッシュ(GIII、芝1000m)で、重賞制覇を飾っている。…

平成の大接戦

東京競馬場博物館では4月27日から7月1日まで「平成の大接戦」という博覧会を開催しています。 年明け頃から、館内で応募していた接戦レースの投票を集計し20位までを今回発表した形です。 わたしが選んだ、グラスワンダー、スペシャルウィークの大接戦有馬…

107 ホッカイルソー

世界中でも珍しいマンノォー系血統だ。クラシックでは、皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着と善戦し翌年、中山記念3着、ダイヤモンドS3着、そしてようやく日経賞で重賞勝ちを決める。晩年オールカマーをレコードで勝ちするなど長く活躍した馬だ。

106 キョウエイマーチ

ダンシングブレーヴ産駒らしいスピードっぷりで安心して見てられた。桜花賞馬であるが古馬になって砂のG1フェブラリーSにも出走した。能力の高い牝馬だったな。

メジロ 北野代表 涙の会見

ひとつの時代を築いた名門牧場が涙のお別れだ‐。解散することが明らかになった、日本有数のオーナーブリーダーであるメジロ牧場。同場の北野雄二代表取締役が28日、都内のJRA六本木事務所で記者会見を開いた。 「開場以来、オーナーブリーダーとして1頭…

メジロ牧場解散時に思った事

ひとつの時代を築いた名門牧場が涙のお別れだ‐。解散することが明らかになった、日本有数のオーナーブリーダーであるメジロ牧場。同場の北野雄二代表取締役が28日、都内のJRA六本木事務所で記者会見を開いた。 「開場以来、オーナーブリーダーとして1頭…

天皇賞 武豊 ローズキングダム

「天皇賞(春)・G1」(5月1日、京都) 3度目のG1制覇へギアを上げてきた。最強世代の呼び声高い4歳馬のトップホースが27日、栗東坂路で好調をアピール。淀の長丁場へ向けて、スピードとスタミナを兼備するローズキングダムが軽快にはじけた。今年…

メジロ牧場 名前の秘密

皆さま、メジロの馬名はその時代のムーブメントからとってることをご存知でしたか?メジロマックイーン スティーブ・マックイーン(俳優)メジロパーマー アーノルド・パーマー(プロゴルファー)メジロライアン ノーランライアン(野球選手)メジロランバダ…