競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

森田童子 逆光線

森田童子と言えば「高校教師」と言うドラマに使われた「ぼくたちの失敗」が有名である。

わたしが思うに 「ただちにマイナーコードごり押しのアーティストではない」と言いたい。
おそらく、森田童子がどんな曲を歌っても物静かな独特な雰囲気になってしまうのだろう。

今回紹介する「逆光線」は、なんだか痛々しさが聞き手にまで伝わってくるような感じの曲だ。
ギターの生音とヴァイオリンが悲しげに響く。
ギターの弦を力いっぱい弾いた音が入ってるのだが、その音が実にシャープでまさにカミソリの刃。
腕も耳も鼓膜までも、切り裂くような音なのである。
それでいて、唄は森田童子節。
あまりに病んでる人には進められないが、
1番初めに芸術とされた音楽を愛する人には是非聞いてもらいたい曲である。

寂しい ぼくの部屋に
静かに 夏が来る
汗を流して ぼくは
青い空を見る
夏は淋しい 白いランニングシャツ

安全カミソリが
ぼくの手首を走る
静かに 僕のいのちは ふきだして
真夏の淋しい 蒼さの中で
ぼくはひとり
やさしく発狂する
ウーン ウーン ウーン
ウーン ウーン ウーン
http://www.youtube.com/watch?v=3Nkpxw4p8YA