競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

東京の下水処理施設から高濃度放射性物質

日本テレビ系(NNN) 5月13日(金)16時12分配信

 東京都の下水処理施設から出た汚泥の焼却灰から、一キロあたり17万ベクレルという高濃度の放射性物質が検出されていたことが日本テレビの取材でわかった。

 東京都によると、江東区の下水処理施設「東部スラッジプラント」で3月25日に採取した汚泥の焼却灰から、一キロあたり17万ベクレルの放射性物質が検出されていた。同じ時期に採取した別の2つの施設の焼却灰からも、一キロあたり10万ベクレル以上検出されていたという。これらの焼却灰は、すでにセメントや建築資材などに再利用されている。

 国は、12日になって福島県に対しては一キロあたり10万ベクレルを超える汚泥は県内で焼却するなどした上で、焼却灰は容器に入れて保管すべきとの指針を出したが、福島県以外に対する基準は現在もない。

もはや、誰にも止められない。

政府も半ばお手上げ状態で国民の不安を煽らないように嘘を重ねるだけである。

1番恐れていたメルトダウンは2ヶ月も前から起きていたようだし、国民全体が暴走モードに突入するのも時間の問題のようだ。

メルトダウン