競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

競馬トレカ収集家たちの現在

わたしの知人の馬太郎くんは95年のサラカ発売当時から2000年ぐらいまで競馬、野球トレカの収集家であった。

給料のほとんどをトレカ購入に使っていた。

1番驚いたのはサラブレッドカード2000だったと記憶していますがステイゴールドのメンコカードがインサートされたシリーズを

大人買いではなく社長買いをしていたことだ。

好きだだった泡風呂もやめて部屋にTENGAが並んでた。

そのサラブレッドカード2000を最後に収集をやめたそうだ。

その知人がもっともらしいことを言っていたのだが

コレクターから金を巻き上げ、いい思いしたのは店と業者だけ

ただそれがツケとなりコレクターが一気に減ったのも事実だと。

異常なほど高値で取引されていたトレカバブルもはじけ

ゴミ当然となってしまったが忘れた頃にまたブームが起きることに期待しよう。