競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

東京競馬場へ挨拶

明日から東京競馬場でも馬券を売るとのことなので取材に行ってきた。
誰に取材をしようかと考えたが子供連れのママさんしかいないので、しばし博物館へ。
あれ?いつもと違うぞ・・・
節電のため館内は薄暗く、ひっそりと受付嬢が「うらめしや~」と顔を出した。
毎度のことだが貸切状態、退屈でヒマしてる受付姉ちゃん。
さては私は救世主か??
そこで、野球の話をふってみたのだが、野球を知らないようだ。
ジャイアンツの監督が堀内だと思っているようでは世の末じゃの。
ならば、競馬の話をふったのだが興味がないとの一点張り。
なんで、そこに座っとるんじゃ俺に替われ!
それでは、給料泥棒と言われてもしかたがないな・・・
 
そして、1番落ち着くジャパンカップルームへ一ッ飛び
歴代の優勝馬の勝負服を前に走馬灯のようにレースシーンが蘇る
お気に入りはシンボリルドルフ、かっこいい勝負服だ。
しかし、毎回思うのだが何故に佐々木竹見の勝負服があるのだろうか・・・