競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

レーヴディソール骨折

2歳女王にまさかのアクシデント‐。「桜花賞・G1」(4月10日・阪神)に向けて調整中だった最有力候補レーヴディソール(牝3歳、栗東・松田博)が30日、本番へ向けての1週前追い切り後、右前脚のトウ骨遠位端部分を骨折していることが判明した。
 診断の結果、6カ月以上の休養を要することになり、オークスを含め、春のクラシックは絶望となった。松田博資調教師は「皆さんに期待されていただけに残念。(レントゲン検査の結果)きれいに骨が飛んでいるので、それを取る手術になります。治ればしっかりと走れると思うので、また復帰したときに応援をよろしくお願いします」と話した。