競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

海外競馬に挑戦した名馬タケシバオー

「あなたにとっての最強馬は?」

昭和40年代前半からのファンから絶対に名前が上がるのがタケシバオーである。

通算成績29戦16勝、2着10回、3着1回。

しかも芝ダート、さらに短距離から長距離、そして重ハンデから馬場状態まで、

オールラウンドに走った世界でも珍しいタイプの馬である。

JRA初の1億円ホースでもある。

 

皐月賞、ダービー2着の後、菊花賞を捨てアメリカのワシントンDCナショナルへ出走。

しかし、8頭立ての最下位に終わる。

 

翌年、再びワシントンDCナショナルへ出走するのだが環境の変化からか体調を壊し7頭立ての最下位に終わった。

このレースを最後に引退。

タケシバオーの全成績で着外の2回はいずれもワシントンDCナショナルでのもの。

これほど安定した成績を残した馬は他にいない。

 

海外成績2戦0勝