競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

海外競馬に挑戦した名馬スピードシンボリ

ドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサ

おめでとう!

 

今回紹介するのは、ヨーロッパ遠征のパイオニア的な存在となった

スピードシンボリ

 

現役時代に2度、海を渡っている

 

現役当時の昭和40年度前後、海外競馬自体にまだほとんど目が向いておらず

遠征といえばアメリカのワシントンDCインターナショナルくらいだった。

このレースにスピードシンボリも出走した(67年)

そして2度目の遠征が、日本馬初のヨーロッパである。

しかも、現地滞在し3レースに出走をしている。

しかも、キングジョージ凱旋門、他にドーヴィル大賞典、

のちにディープインパクトが出走するようなレースの先駆者なのである。

 

4歳時のワシントンDCインターナショナル(5着)の一ヶ月後にある有馬記念では4着に負けてしまうが

翌年68年は国内のレースのみに出走、そして69年の夏から秋へかけてヨーロッパを遠征する。

キングジョージ5着、ドーヴィル大賞典10着、凱旋門賞10着

この時代のキングジョージ5着は大健闘である。

大沢親分が生きていれば「あっぱれぱれぱれ晴れだよ日本」と言っていただろう。

 

ワシントンDCインターナショナル 5着

キングジョージ5着

ドーヴィル大賞典10着

凱旋門賞10着

海外成績 4勝0敗