競馬マニアック博物館

競馬中心の内容です。サラブレッドカードを後世に残す活動をしています。

MINT八王子店で起きた珍事

日本球界から海を渡りメジャーリーグに挑戦した選手がいます。

イチローです。

2000年に最も売れたトレカがMLBトレーディングカードです。

この年に限りメジャーリーグのトレカを随分と購入しました。

TOPPS、BOWMAN、UPPER DECKは、よく買ってました。

 

当時、彼女が八王子に住んでいてデートの時に必ずミントに寄ってパック買いをしていました。

それから数ヵ月の間、イチローのルーキーカード欲しさに店頭に並んでいる全てのパックを買い占めるという暴挙を来る日も来る日も続けていました。

 

しかし引き当てることができませんでした。

もっと深刻なのが他の選手のルーキーカードすら引き当てられないのです。

この年は新庄剛選手、Albert Pujols選手もラインナップに入っているのですがとにかくルーキーカードが出ないんです。

 

シングルカードで購入したほうが安くすむとわかっていながらも、渋とくパック買いをしていたある日、店員さん自らボックスで購入しないとルーキーカードは出ませんよと言われてしまいました。

 

カードショップではサーチをしてから店頭に並べるのが常識だとその時知りました。

 

確かにボックスを開けてサインカードやレアカードを引き当て店頭に並べたほうが利益が出ます。

 

残りのパックも店頭に並べて…そのパックを狂ったように購入してたわたしって、なんなんだ。

 

それからボックス買いしかしなくなりました。

 

その頃からトレカの人気がなくなって店が随分と潰れていきました。

 

買い手にからくりがわかってしまうビジネスは成功しませんよ。